嗜好錯誤

嗜好の指向は志向で私行。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
眠り姫(初回限定盤)(DVD付)
眠り姫(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
林保徳,来生えつこ,Noriyoshi Matsushita
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
アヒルのワルツ
オルゴールです。
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 望郷のラッサルーク | main | マザーズ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
社会科学における人間
こんばんは。

少しは大学生らしいブログ記事を書こうかと……。
卒論を控えた大学四年生なわけですし…。

ちゅわけで関連書物を一冊。
と言ってもゼミの先生に借りたんですが(笑)。

卒論が経済学のなかでの人間について書くので、
関係ありそうなものを借りました。

現在の経済学で扱われるような人間、いわゆる経済人の原型ともいえる
ロビンソン的人間類型がどういうものか。
それを歴史的に見つつ追いかける一章。

マルクスの「資本論」で語られる人間について触れる二章。

最後にマックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
を見つつ彼の社会学的な人間観を見ていく三章。

いや、参考になりました。

次に読むのはミルの自由論です。(予告)
| | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 01:32 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック